AppLovinの実装

全画面インタースティシャル広告のメディエーション設定をするための、AppLovinの実装手順を記載します。

実装手順:

  1. Mavenでライブラリを導入する
  2. 手動でライブラリを導入する
  3. マニフェストファイルの記述

Mavenでライブラリを導入する(推奨)

  1. Project>build.gradleallprojects>repositoriesに以下を追加します。
allprojects {
   repositories {
   	jcenter()
   	// GenieeSDK
   	maven { 
   		url "https://github.com/geniee-ssp/Geniee-Android-SDK/raw/master/repository" 
   	}
   }
}
1
2
3
4
5
6
7
8
9
  1. Module>build.gradledependenciesに以下を追加します。
dependencies {	
   // Geniee
   implementation 'jp.co.geniee.gnsfullscreeninterstitialadapter:GNSFullscreenInterstitialAdapter-AppLovin:4.2.0'
}
  1. 実装例
  • Project>build.gradle
   allprojects {
   	repositories {
   		google()
   		jcenter()
   			
   		// GenieeSDK
   		maven { 
   			url 'https://raw.github.com/geniee-ssp/Geniee-Android-SDK/master/repository'
   		}
   	}
   }
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
  • Module>build.gradle
dependencies {	
    // Google SDK
    implementation 'com.android.support:appcompat-v7:26.1.0'
    implementation 'com.android.support.constraint:constraint-layout:1.1.1'
    implementation 'com.google.android.gms:play-services-ads-identifier:17.0.0'
    // Geniee
    implementation 'jp.co.geniee.gnadsdk:GNAdSDK:8.5.0 // GenieeSDK
    implementation 'jp.co.geniee.gnsfullscreeninterstitialadapter:GNSFullscreenInterstitialAdapter-AppLovin:4.2.0'
}

手動でライブラリを導入する

Mavenでライブラリを導入するの手順を実行した場合、この手順は実行する必要はありません。

手動導入手順はこちら

Geniee Adapter SDK のダウンロード

以下の URL から Geniee Android SDK をダウンロードします。

手動でライブラリを導入するで必要なFullscreenInterstitial-Adnws-Android-SDKについては、営業担当者にご確認ください。

Localライブラリの配置

  1. Geniee Android SDK を解凍します。

  2. プロジェクトにGNSFullscreenInterstitialAdapterを追加します。

  • libs フォルダーが存在しない場合、必要に応じて作成します。

  • libs フォルダにGNSFullscreenInterstitialAdapterフォルダ配下の以下ファイルをコピーします。
    - GNSFullscreenInterstitialAdapter-AppLovin-4.2.0.jar

  • libs フォルダにFullscreenInterstitial-Adnws-Android-SDKフォルダ配下の以下ファイルをコピーします。
    - applovin-sdk-9.14.5.aar

  • Module/build.gradledependenciesに追加します。

    dependencies {
    	implementation fileTree(include: ['*.jar'], dir: 'libs')
    }
    
    1
    2
    3

マニフェストファイルの記述

マニフェストファイル AndroidManifest.xml に必要情報を記述します。

  1. AppLovinのキー入力

    • AppLovinを使用する場合、YOUR_APPLOVIN_SDK_KEY_HEREに指定されているキーを入力して下さい。

      <meta-data
              android:name="applovin.sdk.key"
              android:value="YOUR_APPLOVIN_SDK_KEY_HERE" />
      	
      
      1
      2
      3
      4
    • Applovin keyは営業担当者に確認してください。

  2. Mavenでライブラリを導入するの手順を実行した場合、この手順は実行する必要はありません。

    手動導入手順はこちら
    • マニフェストファイルの<application>にSDKが使用するアクティビティの情報を記述します。

      <!-- AppLovin -->
      <activity android:name="com.applovin.adview.AppLovinInterstitialActivity" android:configChanges="orientation|screenSize"/>
      <activity android:name="com.applovin.adview.AppLovinConfirmationActivity" android:configChanges="orientation|screenSize"/>
      <meta-data
          android:name="applovin.sdk.key"
          android:value="YOUR_APPLOVIN_SDK_KEY_HERE" />
      
      1
      2
      3
      4
      5
      6
Last Updated: 2020/11/11 9:33:26