Geniee JavaScript SDK

アプリ内のWebViewにおける広告表示

JavaScriptで処理が行われる広告タグはWebサイトをブラウザで閲覧する際と同様に、スマートフォンアプリのWebView内でも機能し広告を表示します。
しかし、ブウラウザで閲覧される広告とアプリのWebViewで閲覧される広告ではRTB(リアルタイム入札)を有効にする設定が異なります。

このドキュメントではWebViewを使用したアプリにおける広告タグの導入方法を紹介します。

タグの設置

WebViewが読み込むページに、管理ツールで登録したタグを設置します。 そしてアプリを起動すると設置した箇所に広告が表示されるようになります。

しかし、広告は表示されていますが、この状態ではRTBは行われていません。

<html>
  <head>
    <title>WebViewで読み込まれるページ</title>
  </head>
  <body>
    <script type="text/javascript" src="発行した広告タグ.js"></script>
  </body>
</html>
1
2
3
4
5
6
7
8

RTBパラメータの設定

アプリ内広告のRTBに使用するパラメータは以下のものがあります。

パラメータ名 内容
idfa iOSでは"Identification For Advertisers"、Androidでは"Advertising ID"
lat Limit Ad Tracking
bundle iOSでは"Bundle Id"、Androidでは"Package Name"
キャリア(MCC+MNC) 例として"44020"のような文字列。SIMが無い端末では利用されません

上記のパラメータをグローバル変数geparamsに設定すると広告タグがRTBに使用します。
(パラメータの設定は広告タグが呼び出される前に実施する必要があります。ご注意ください。)

<html>
  <head>
    <title>WebViewで読み込まれるページ</title>
  </head>
  <body>

    <script>
      var geparams = {};
      
      // アプリから取得した値を設定する
      geparams.idfa = 'xxx';
      geparams.lat =  false;
      geparams.bundle = 'xxx';
      geparams.carrier = 'xxx';
    </script>

    <script type="text/javascript" src="発行した広告タグ.js"></script>
  </body>
</html>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19

詳細な実装について

RTBに使用するパラメータはアプリのネイティブ処理で取得する必要があります。 そしてWebVeiw内のJavaScriptで利用できるように連携しなければなりません。 この実装方法はプラットフォームによって異なります。

各プラットフォーム毎に下記のページで詳細を紹介しますので参考にしてください。

Last Updated: 2020-9-28 15:56:32